高齢者こそメガビタミンを

オメガ3シリーズに続き、高齢者シリーズが続きそうな予感。

高齢者こそメガビタミンを実践したほうがいい。何故なら、高齢になると若い時と比べて体内の必須栄養素が減少していくことが判っているからだ。高齢者のにおける多くの不定愁訴は、そのために起きているものが少なくない。

認知症はビタミンB1、葉酸、B12が不足しているからかもしれない。

老人性皮膚搔痒症は亜鉛やビタミンAが不足しているからかもしれない。

白内障はビタミンC、亜鉛が不足しているからかもしれない。

味覚や嗅覚の異常は、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB12が不足しているからかもしれない。

老眼はビタミンA、ビタミンB12が不足しているからかもしれない。

足がよくつるのはマグネシウムが不足しているからかもしれない。

脳梗塞はビタミンB6、葉酸、B12が不足しているからかもしれない。

脳溢血はビタミンCが不足してるからかもしれない。

骨粗しょう症はビタミンCが不足してるからかもしれない。

と、思いつくままに書いてみたけど、これだけには止まらないはずだ。もちろん、これらの疾患の原因が全てビタミンミネラルが原因なのではないが、そうである場合もあるということを認識しておいた方がいいだろう。

かといって高齢者にサプリメントを大量に飲めというのも酷な話なので、せめてマルチビタミン&ミネラルくらいは摂取していただきたいものだ。

何故なら、それ一つ摂取するだけで防げる不定愁訴は少なくないのだから。

マルチビタミン&ミネラル

マルチビタミンというと錠剤がかなり大きくて、匂いがきついものが多いけど、こちらは、それらに比べて大きさも一回り小さく(それでも大きい)匂いも抑えられている(匂わないわけではない)し、成分もいいのでおススメだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL