高齢者こそメガビタミンを~老人性皮膚搔痒症~

高齢者におけるよくある疾患として、老人性皮膚搔痒症がある。個人差はあると思うが、とにかく痒くて夜中もかきむしって眠れないというくらい痒いらしい。

この原因は皮膚の乾燥にある。高齢者の皮膚ははとにかく乾燥するのだ。

では、何故皮膚が乾燥するのか?

それは、亜鉛の不足が原因となることが多いようだ。亜鉛が不足すると皮膚が乾燥するのだ。そして、高齢者は亜鉛が不足していることで知られている。

実際、夜中痒くて眠れないという人に亜鉛をすすめると、数日でかゆみが治まることが多い。

亜鉛でよくならない場合は、ビタミンAの不足かもしれない。ビタミンAは皮膚や粘膜の潤いを保つ作用があるが、不足するとガサガサになる。

踵の角質が粉を吹いてひび割れてガチガチになることがあるが、あれはビタミンA不足で起こるので、ビタミンAの摂取で改善する。魚の目も改善するようだ。

それでも改善しないようなら、以前記事にも書いたようにオメガ3をおススメする。

亜鉛

おそらく、このサプリを1日1~2個(30~60mg)摂取でしばらくすれば改善できるのではないだろうか。改善したら、1日1個で継続するといいと思う。

ビタミンA

ビタミンAは過剰症になりやすく、その量も個人差が大きいため慎重に増やしていく必要がある。上記サプリを1日1個(10000IU)ならまず大丈夫だと思うが。まずは1日1個を数日続けて過剰症が出ないか確認する。急性の過剰症は頭痛、吐き気、めまいなど。過剰症を防ぐには、高タンパク食を実践する必要がある。

オメガ3


Now Foods, ウルトラオメガ3, 500 EPA/250 DHA, 180ソフトゼリー

オメガ3の摂取量についてはこちらの記事を。

〈参考〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL