不妊のための栄養素~葉酸~

前回まではミネラルの記事だったけど、今日から再びビタミンに戻りたいと思う。今日は「葉酸」。

妊娠のために葉酸が必要なことは、おそらくほとんどの人が知っているのではないだろうか。最近ではCMでも葉酸の入りのサプリを推奨しているのを見かける。

葉酸は妊娠するためというよりも、胎児の先天的障害を予防するために必要だとされている。

妊婦が葉酸欠乏状態だと、下記のようなリスクが高まることが知られている。

  • 神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症)無脳症
  • 口唇口蓋裂
  • 早産
  • 心血管の奇形
  • 流産

これらのリスクを防ぐには、妊娠前から葉酸を摂取しておく必要がある
(特に神経管閉鎖障害) 。

厚生労働省によると、神経管閉鎖障害を予防するために、通常の食事にプラスして、栄養補助食品(サプリメント)で1日に葉酸を400㎍摂取することを推奨している。

何故サプリメントなのかというと、食品中の葉酸量というのはわかっているが、食品から摂取するには吸収率などの面で不確定な部分があるからだ。サプリメントなら確実に必要量が摂取できる。

葉酸はビタミンB群の一つで、その他のB群とともに一緒になって働くので、葉酸単体ではなく、ビタミンB群で摂取する方がいいだろう。

多くのビタミンB群のサプリやマルチビタミンはだいたい1日量で葉酸を400㎍含有しているものが多い。

それと、合成葉酸の害を主張する記事などを最近よく見かけるが(巷に出回っている葉酸サプリはほとんど合成)、1日400㎍程度なら問題ないと思われる(何しろ厚生労働省も合成葉酸で400㎍を奨めているのだ)。

ただ、B50などのサプリメントは1個で葉酸が400㎍含有しているものが多く、それを1日に2~4個とか摂取していると、かなりの量になってしまう。さらに葉酸含有の鉄サプリも摂取していたらさらに上乗せされる。それぞれのサプリメントが悪いわけではないのだが、合成葉酸過剰が気になる人は、活性型の葉酸塩(メチルテトラヒドロ葉酸)のものを選ぶと心配いらないだろう。

ちなみに、合成は「Folic Acid」活性型は「 Methyl Folate」だ。

葉酸が不足しやすい人は、アルコール常飲者。アルコールは葉酸の吸収を妨げる。妊娠したかったらアルコールをやめるか、葉酸を余計に摂取する必要があるだろう。どうせ妊娠したらアルコールはやめることになるのだから、妊活中からやめておいたほうがいいに決まっている。

葉酸

一応葉酸単体のサプリメント。メチルフォレートと書いてあるので、活性型だということが判る。これなら多少大目に飲んでも心配ないだろう。だけど、単体なので、次に紹介するようなビタミンB群の方をおススメする。

ビタミンB群

これは葉酸もB12も活性型で量もちょうどいい(2個で400㎍)ので大変優秀だと思う。ただ、これでもいいのだが、いつもおススメしている同じメーカーのマルチビタミンも1日2個で活性型の葉酸とB12が同量摂取できるし、これまで紹介してきた妊娠に必要な栄養素も大体入っているので、そちらの方が個人的には良いと思う。

マルチビタミン

〈参考〉

「ライナスポーリング研究所」

「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な女性等に対する葉酸の摂取に関わる適切な情報提供の推進について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL