不妊のための栄養素~コエンザイムQ10~

コエンザイムQ10という名前は聞いたことがあるけど、一体どんな作用があるのか皆目見当がつかないという方は多いだろう。というわけで、下記にコエンザイムQ10の一般的な作用を記したいと思う。

  • 脂溶性の強力な抗酸化物質で、ビタミンEを再生することができる。
  • 特に細胞のミトコンドリアに局在し、ATP合成に不可欠な存在である。
  • 心臓病の治療効果がある。
  • 歯周病の治療効果がある。

そして、コエンザイムQ10には精子の質と数を向上させる効果があるようだ。これは、精子のミトコンドリアの機能を高めることや、ビタミンEを還元する作用、精子の酸化ストレスを低下させることなどが関係していると思われる。

前回のカルニチンはミトコンドリアに脂肪酸を送ることでエネルギーを高める作用があったが、コエンザイムQ10はミトコンドリアの機能そのものを高めるので、2つを組み合わせることで、相乗効果が期待できるだろう。

コエンザイムQ10は体内で合成できるが、年齢を重ねると体内での合成も低下するため、食事からの摂取が必要となる。

1日100mgが摂取の目安といわれているが、コエンザイムQ10の含有量が多いといわれる「いわし」でも100mg摂取するには20匹食べなくてはならない。それなら、100mg含有のサプリメントを1個摂取したほうがよっぽど楽だ。

コエンザイムQ10には酸化型のユビキノンと還元型のユビキノールがあるが、摂取時の体内における効果はユビキノールの方が圧倒的に高い。なので、サプリメントを選ぶ際はユビキノールを選択したほうがいいだろう。ただ、その分お値段も高いので心して購入するように。

注意点として、今現在厚生労働省では、妊婦、授乳婦のコエンザイムQ10のサプリメント摂取は控えるべきとしている。これは、コエンザイムQ10自体は安全なサプリメントだが、妊娠、授乳期間の摂取においては、まだ安全性が確認されていないからなのだそうだ。

なので、女性に関しては妊娠するまで摂取して、妊娠がわかったら一旦摂取を控えた方がいいかもしれない。

コエンザイムQ10

これが還元型のコエンザイムQ10(ユビキノール)。成分は日本が誇る「カネカ」製。国内でカネカの還元型コエンザイムQ10を買うより、海外製の方が圧倒的に安い。大体半額くらいで購入できる。どちらを選ぶかは、それぞれの判断にゆだねたいと思う。

コエンザイムQ10は脂溶性なので、脂と摂取したり、レシチンと一緒に摂取するといいだろう。

〈参考〉

「アンチオキシダントミラクル/レスター・パッカー」

「活性酸素とスカベンジャー/山本義徳」

「統合医療情報発信サイト」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL