花粉症が悪化する原因

昨日の記事でも書いたが、私はおそらく数十年来の花粉症だ。おそらくというのは、私が子供のころは花粉症とは言われずに、アレルギー性鼻炎と診断されていたからだ。たぶん子供の時から花粉症なのだと思う。

そんな花粉症だが、ビタミンDの大量摂取でかなり改善することは昨日の記事の通りだ。

なので今年の花粉シーズンはかなり楽に過ごしていたのだが、そんなビタミンDが全く効かないときがある。

それが酒を飲んだ時だ。

何故なのかわからないが、酒を飲んだ次の日は朝から花粉症の具合がかなり悪化する。通常はビタミンDを飲めばすぐにおさまってくるのだが、いくら飲んでも全く効く気配がない。

何度か酒をやめたり飲んだりして試してみたが、明らかに酒を飲んだ次の日は調子が悪いことが判明した。

これに関しては私だけの問題なのかもしれないが、酒飲みで花粉症でビタミンDを飲んでも症状が治まらない方は、一度断酒してみていただきたい。意外とそれで花粉症は治まるかもしれない。

【ビタミンD】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL