便秘にはマグネシウム

前回は下痢がテーマだったので、今回は「便秘」。

便秘はただ便が出ないというだけではなく、それに伴う不快な症状(頭重、ふきでもの、肩こり、腹部膨満感など)があるので、意外と侮ってはいけない。

便秘の原因はいろいろ言われているが、多くは水分不足。水分が不足しているので便が硬くなり排出しにくくなる。

なので、水を多く飲めば便秘は解消することが多いが、それでも改善しないこともあるだろう。

そんな時は「酸化マグネシウム」を試していただきたい。

近頃コマーシャルなどでもやっているが、酸化マグネシウムは腸に水を引き込み便を柔らかくして排泄を促す。癖にもならないので日常的に服用しても問題ない。

酸化マグネシウムを摂取する際気をつけたいのは、摂り過ぎて下痢になってしまうことだ。でもその場合は飲む量を減らせばいいだけなので、調節は難しくないと思う。

便秘の他にも、マグネシウムには高血圧、インスリン抵抗性、頭痛、不眠などの改善効果もある。その場合は、酸化マグネシウムではなくキレートされたクエン酸マグネシウムグリシン酸マグネシウムなどがおススメだ。

【酸化マグネシウム】

上記サプリはとても安い(250円くらい)のでおススメ。飲み方はできることなら食間や就寝前に沢山の水と一緒に飲むといい。1回の量は1~3個くらいでいいと思う。あまり効かない場合はその倍くらい飲んでも構わない。飲む回数や量は自分で調節してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL